不登校と転校

不登校の打開策として考えられるのが「転校」です。公立小中学校の場合、多くは定められた学区内の規定の小中学校に通学しなければならないわけですが、たとえば「いじめ」が原因となって不登校の問題が生じるケースでは、その地域の教育委員会の裁量によって、「転校」が許されることが多いです。

ただし、すべてのケースで転校の希望が受け入れるわけではなく、転出先の自治体の教育委員会との協議が行われ、その結果、受け入れを許可された場合のみ、転校の意向が受け入れられることになります。ただ、通常そうした受け入れはよほどの事情が認められない限り、ほぼ全面的に許可されるようです。

転校の選択肢

近年では転出先の選択肢が非常に広くなり、他市町村だけではなく、他都道府県への転出も可能である場合が多くなっており、さらに特殊なケースでは、国外(主に英語圏)への転出が許可されることもあります。

また、単なる「転校」にとどまらず、「山村留学」と呼ばれる、自然の中で営まれる少人数制の教育施設も最近では大きな注目を集めるようになってきつつあります。実際「山村留学」を謳っている施設においては、多くのところが不登校に悩む生徒・児童を積極的に受け入れる傾向が強いです。

このように、本人の意志さえあれあ、同じ学校にとどまる必要などまったくないというのが近年の「不登校」に対する考え方であり、実際カウンセリングによる解決よりも、そうした特殊な形で不登校が解決するケースが増えていると言えます。

転校は解決策?メリットばかりではない

学校が嫌で不登校になる場合、その学校に問題があるのなら有効な選択肢の一つだと思います。ただし、転校しても楽しい学校生活を送るためには本人の努力や意思も必要です。当然ですが転校すれば解決するという単純な話ではない事がほとんどです。

転校が解決策なのではなく、転校は解決するためのきっかけの一つだという事をしっかり理解しておく必要があります。中には普通に学校に通っていた生徒が転校がきっかけで不登校になってしまった生徒もいます。それだけ転校と言うのは子供にとって一大事件なのです。

「世の中のすべてが変わる」そう言っても過言でないくらい子供の環境は変化するのです。私が言う間でも無くある程度、そのことは理解していると思いますが生活がリセットされ新たにスタートを切るというのは相当のプレッシャーがかかる事は覚悟しなければなりません

もちろん、今の学校に在籍してもダメだと判断し、苦渋の決断で転校を選ぶと思いますが、心機一転させるのは環境だけでは意味がありません。何より生徒本人が学校生活をやり直すくらいの意気込みが必要になります。

そして心機一転するためには第一印象は重要です。生徒のキャラクターを決定づける自己紹介なども最重要項目になります。どんないじめっ子でも転校する前からイジメてやると考える悪人はいません。転校生のキャラクターに応じて臨機応変するものです

転校とはキャラクターを変える絶好のチャンスなのです。今後の学校生活が楽しく過ごせるか、不登校から脱出できないかは生徒本人の気持ちが何より重要なのです。学校を変える選択肢をするのなら不登校児の気持ちを前向きにさせておく必要はあるのです。それさえ出来れば今までの学校生活をリセットさせる転校というのは最高の舞台になるはずです。

転校するなら新たな自分を!

転校と言う新たな生活を送る舞台は整いました。今までの暗い過去や不登校などの事実は新しい友達は知りません。思い浮かべる楽しい学校生活を送ることは可能になりました。色々不安も多いと思いますが2,3日でそれは慣れるものです。

ただ、楽しく学校生活を送るためには今までのキャラクターではダメなこともあります。いじめやその他の学校に行きたくない環境になったのはすべて不登校児になった本人のせいだとは思いませんし言いませんが、明るく楽しくやっていた友達とは何か違うはずです。ですから最初は明るく楽しくやっていた生徒を参考にしてみるというのも一つの手で良いと思います。

新しい学校で元のキャラクターを貫き通す必要は一切ないのです。そして本来のキャラクターを出すのは何も重要な第一印象となる自己紹介など、最初から出なくても良いのです。自分でダメだという部分は改めつつ、自分を少しづつ出していくのが望ましいです。新しい環境で生活するためにするべきことは大人になっても必要な事なのです。とにかくキャラクターをどうするかで次の学校でのライフスタイルが大きく変わる事だけは確かです。


2000人以上の不登校・引きこもりを解決した方法