「不登校」と「保健室登校」


私は以前東京で学習塾を経営していた関係で、中学生や高校生の勉強の悩みはもちろん、彼らの「心の悩み」についてもずいぶんと相談に乗る機会がありました。それだけに、自分では聞くつもりはなくても、自然とそういう関係の話が耳に届いてしまうという部分も多分にあったと思います。

あるとき、「保健室登校」ということばを耳にしました。いわゆる「不登校」の前触れでもあり、また「不登校」の顛末でもあるというある状況を指すことばなのですが、まあこれはもちろん、「学校に行くことは行くが、勉強についていけない、あるいは教室の雰囲気になじめない」などという理由から、

保健室で自習をする

という、学校からすればある種の特別扱いを容認した形であるとも考えられると、そのときはちょっと思いました。

私の教室はとても規模が小さかったということもあって、幸いにもそのときには不登校に悩む子どもも保健室登校をという選択に迫られた子どももいなかったので、そのときには、

「ああ、そういう子もいるのだな・・・」

と、漠然と考えるにとどまりました。

この「保健室登校」というのは、多くは「自習プリント」を黙々とこなし、わからないところがあれば、時おり回ってきた先生に質問する、というシステムなのだそうですが、しかし、ある意味そんな理想的な勉強が成り立つのであれば、保健室登校などという中途半端な形に甘んじることなんてないのにな、などと正直考えてもいたのです。

ある生徒の悲劇のはじまり


当時、私のところには10人足らずの中学3年生、10人ちょっとの中学2年生がいて、その他は小学生と高校生が少しずついたというメンバー構成の教室でしたが、いよいよ受験生の勝負も大詰めにさしかかっていたというタイミングで、ある事件が起こりました。

それは、通っていた中学2年生のひとりの男子にまつわる「事件」だったのです。そのお母さんが、昼間、だれも生徒がいないときに、突然教室にやってきました。受験生のお母さんが居ても立ってもいられなくなって相談しにくるということは、それほど頻繁ではないにしろ、それほど珍しいことでもなかったのですが、しかし2年生の母親ともなると、それは実に珍しいケースだったとは言えます。

私は少し警戒しながらあいさつをし、何の話なのかと少々身構えていたのですが、お母さんの話は、私の想定をはるかに超えるものでした。お母さんは言いました。

「先生、実は・・・うちの子が昨日から学校に行っていないんです」

何でも、理由も一切言わないし、体調が悪いわけでもない、ご飯も食べる、しかし学校にはどうしても行きたくないと、その一点張りだったのだそうです。

その子は、確かにちょっと変わったところがある子ではありましたが、私が多少厳しく接しても、正しいことを理解することができる子ではありました。要するに、一般的に見れば、どこにも問題はなく、友だちもそれなりにいるような「普通の子」だったのです。


2000人以上の不登校・引きこもりを解決した方法